足の麻痺 克服できる 可能性 秘めた HAL Dr.プラス  ドクタープラス

桃子のつぶやき

足の麻痺を克服できる可能性を秘めた“HAL”。《Dr.プラス その2「ドクタープラス」》

読了までの目安時間:約 3分

足の麻痺を克服できる可能性を秘めた“HAL”。《Dr.プラス その2「ドクタープラス」》
最新医療を大公開 サタプラ健康未来予想図
医療が進歩すれば、私達の生活は快適なものになります。今回は、そんな可能性をもった「最新医療」を一挙公開!未来はきっとこうなる!サタプラ健康未来予想図!
≪その1:足の麻痺が改善!一生自分の足で歩ける!?≫


足の麻痺を克服できる可能性を秘めた“HAL”。

脳で「歩きたい」と思えば、HALの力を借りて足が動きます。
この時に「歩けた」という感覚が脳に伝わる、この伝達こそがHALの治療効果です。
神経伝達が何度も繰り返されていく中で、失われた神経回路が再構築、つまり麻痺が改善され、足の麻痺を克服できる可能性を秘めた“HAL”。
◆医療用HALの保険適用が認められているのは以下の8つの疾患です。
・脊髄性筋萎縮症(SMA)
・球脊髄性筋萎縮症(SBMA)
・筋萎縮性側索硬化症(ALS)
・シャルコー・マリー・トゥース病(CMT)
・遠位型ミオパチー
・封入体筋炎(IBM)
・先天性ミオパチー
・筋ジストロフィー
※全ての方が治療を受けられる訳ではなく、症状の度合いや医師の判断により、
制限がありますので、病院でご確認ください。
◆サイバーダイン株式会社 CEO 山海嘉之さん
【VTRご出演ドクター】
◆京都大学大学院医学研究科 脳神経外科 准教授 高木康志先生
◆近畿大学付属堺病院 神経内科 教授 中村雄作先生

≪その2:ダイエットが必要なくなる!?≫

画期的な肥満治療薬のカギとなる新物質“ヨシノンA”。海洋生物の秘めたる可能性を求め、日々研究している上村教授が「藍藻」という海洋生物から発見したのが、脂肪を消し去るという新物質“ヨシノンA”です。
◆カロリー60%カットごはんの作り方
(1)普段通りにお米を炊くための準備を行う
(2)米1合に対して、ココナッツオイルを小さじ1杯入れて炊く
(3)炊いた後のご飯を12時間冷やすと完成
※ココナッツオイルのにおいが気になる方は“無香”のものをご使用ください。
※ご飯を温めなおしても同様の効果が得られます。
【VTRご出演】
◆神奈川大学特別招聘教授 上村大輔先生
◆水道橋メディカルクリニック 院長 砂山聡先生

 

タグ :    

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ