AKA-博田法 仙腸関節(せんちょうかんせつ) 痛み 関節運動額的アプローチ

桃子のつぶやき

AKA-博田法とは!痛みと関節運動額的アプローチ!1

読了までの目安時間:約 4分

 

私は腰痛もちです。整形外科にかかっていますが、リハビリしても、痛み止めの注射をしても、痛みはなかなかです。一時は和らぎますが、また痛みが出てきます。こんな日々の繰り返しです。どうにかして痛みはとりたいです。東京等には、名医がいると思って、腰痛について調べてみました。今日は「AKA-博田法」を調べました。
AKA-博田法とは

痛みと関節運動額的アプローチ

関節運動学的アプローチ(AKA-博田法)とは、

「関節運動学に基づき、関節神経学を考慮して、関節の遊び、関節面の滑り、等の関節包内運動(関節の中での動き)の異常を治療する方法、および関節面の運動を誘導する方法」と定義され、1979年から約10年かけて博田節夫先生によって開発され、現在なお改良が加えられています。この方法は本来、関節拘縮(動きの悪い関節)の治療の為に開発されたものですが、その研究過程で関節面の動きの改善が痛みやしびれに著しい効果を示すことがわかり、今では痛みの治療法として知られています。
上記の説明はAKA-博田法を医学的に簡潔に説明したものです。しかし、多くの患者さんにはあまりピンとこないでしょう。

 

 

AKA具体的治療

一般的に患者さんは、立った位置での診察の後、ベッド上で仰向けになり神経学的な検査や評価等を受けた後、最初は横向きの姿勢で治療を受けるのが普通です。もちろん通常の診察と同様に、レントゲンや血液検査の結果等も参考にします。
まず治療を受ける場所は、腰を中心とした背骨の近くが一般的です。中でも最も重要なのは、腰骨の下にある仙骨と骨盤との関節です。ここを、仙腸関節(せんちょうかんせつ)といいます。この仙腸関節を手で軽く動かすわけですが、実際に動く範囲は1~2mmといわれており、ほんのわずかな動きを手で感じ医師は治療をするのです。ごくわずかな動きですので、患者さんは痛みを感じないのが普通で、ただ触っているだけだった、とおっしゃる患者さんもいるくらいです。しかし、この治療手技はかなりの集中力と熟練を要し、誰でもできるというものではありません。自ずと1日に治療できる患者さんの数も限られてくるのが現状です。こうした、仙腸関節を中心とした関節の機能障害を徒手的(手を使って)に治療する方法がAKAなのです。
AKA治療の際、一人の患者さんに要する時間は、診断結果や重症度によって異なります。治療頻度については2~4週に1度が一般的です。あまり頻繁にAKAを行うと、かえって痛みが増すことが多く、症状が落ち着いている場合は、半年に1度程度の受診で十分な場合もあります。
仙腸関節の他にも、肋骨と背骨の関節、背骨同士の関節、時には手や足の関節等も障害を受けている程度に応じて治療を行います。手や足の関節等を治療する際には、再び仰向けになることやベッド上に座ることもあります。
このようにみてきますと、患者さんがAKA 治療を受ける際には、特別な覚悟や心配などすることもなく、ごく一般の診療と同じような気持ちで治療が受けられるのではないかと思います。
尚、一般レントゲン検査や血液検査、MRI等は、それぞれの診察に当たった医師が判断し、事前に資料がなかった場合には、必要に応じて行う場合があります。これは、AKA治療の補助資料にする場合や、AKA治療の適応外の疾患が疑われる場合があるからです。

 

タグ :      

健康・ダイエット

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ