七五三 祝い方 七五三 七歳 女子 帯をつかいはじめる 帯解き 五歳 男子 はじめてはかまをつける 袴着(はかまぎ) 三歳 男女 髪をのばしはじめる 髪置き する時期 七五三 お返しは ご両親 一緒 食事会 ご招待 千歳飴 赤飯 菓子折り 謝礼

桃子のつぶやき

七五三の祝い方!七五三をする時期は?お返しは!当日にご両親とレストランなど食事会にご招待!!

読了までの目安時間:約 3分

子どもが無事に成長したことをお祝いする家庭行事のひとつです

乳幼児の死亡率が高かった昔は七歳までの子供は神の子とされ七歳になって初めて社会の一員として認められました。下記の儀式が、明治時代になって現代の七五三として定着しました。
•三歳の男女 髪をのばしはじめる「髪置き」
•五歳の男子 はじめてはかまをつける「袴着(はかまぎ)」
•七歳の女子 帯をつかいはじめる「帯解き」

 

七五三の祝い方は?

  • 子どもが無事に成長したことをお祝いする家庭行事のひとつですので、お祝いする気持ちがなにより大切。一般的には、家族で写真撮影、神社で参拝、そして家族で食事するスタイルが多いですが、いくらかけるかは、それぞれのご家庭の考え方でいいのではないでしょうか。有名神社までわざわざ出かけなくても、近くの神社でいいのです。家族そろってお食事会などして、子どもの成長をお祝いしてあげましょう。

 

  • 神社でお祓いを受け、祝詞をあげてもらうのが一般的ですが、別にお祓いをしてもらわなくてもOK。最近では、必要以上に我が子の記念写真にこだわっている親御さんが増えてきましたが、中には記念撮影だけして、肝心のお参りをされないという方も聞いたことがあります。

 

 

七五三をする時期は?

 

  •  いつからいつまでと決まっていません。11月15日にお祝いするのは、日の吉凶を占う方式の一つに二十八宿(にじゅうはっしゅく)というのがあり、その二十八宿のうちで最良の吉日とされたのが「鬼宿日(きじゅくにち)」であること。また霜月祭りの日(家業に関係深い神々を祭る日)などいろいろ説があるようです。◆最近は11月15日にこだわらず、10月から11月の休日など、ご家族が揃うのに都合の良い日に行われています。

 

七五三のお返しは、お赤飯と千歳飴でよい?

 

  • 親戚に1万円もらった場合のお返しは?本来はお返しは必要ありません
    住む地域によってしきたりや習慣が違いますが、子どもの祝いである七五三は、本来はお返しをしません。
  • 千歳飴や、赤飯、菓子折り程度を謝礼としてお返しすることが一般化してきています。場合によっては、子どもの名前で内祝いとして贈られてもよいでしょう。いただいた金額の半額から三分の一程度が目安。
  • 実家からのお祝いの返しには、七五三の当日にご両親と一緒にレストランなど食事会にご招待するなどしてみてはいかがでしょう。また写真館で撮った写真を焼き増して差し上げたりしたら、喜ばれます。

 

タグ :        

季節の行事 七五三 季節の行事

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ