七夕(7月7日) 由来 織姫 彦星 星物語 七夕(たなばた) 呼ぶ 意味は 短冊 願い事は 上達や夢 綴ったほうが よい 短冊以外 七夕飾り 意味

桃子のつぶやき

七夕(7月7日)の由来(織姫・彦星の星物語)!!七夕(たなばた)と呼ぶ意味は!!

読了までの目安時間:約 5分

七夕 (たなばた):7月7日

 

別名「笹の節供」「星祭り」といわれる七夕は、江戸時代に五節供の一つに定められ、今でも広く親しまれています。七夕といえば、どことなくロマンチックに感じますが、その由来を紐解いてみると、色々な文化が結びついていることがわかります。

 

 

「笹の節供」の由来

 

七夕の由来は、皆さんもご存知の織姫・彦星の星物語から始まります。
天の川に輝く琴座のベガが織姫(織女星)で、鷲座のアルタイルが彦星(牽牛星)。この2つの星と白鳥座のデネブを結んだものが「夏の大三角形」と呼ばれ、夏の星座を探す目印になっています。白鳥座は、二人の橋渡し役となるカササギです。

 

さて二人の星物語は・・・

■ロマンチックな織姫と彦星の星物語

天の川の西岸に織姫という姫君が住んでいました。織姫は機織りの名手で、美しい布を織り上げては父親である天帝を大変喜ばせておりました。そんな娘の結婚相手を探していた天帝は、東岸に住む働き者の牛使い彦星を引き合わせ、二人はめでたく夫婦になりました。
ところが、結婚してからというもの、二人は仕事もせずに仲睦まじくするばかり。これに怒った天帝が、天の川を隔てて二人を離れ離れにしてしまいました。 しかし、悲しみに明け暮れる二人を不憫に思った天帝は、七夕の夜に限って二人が再会することを許しました。こうして二人は、天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、年に一度の逢瀬をするようになったのです。

 

■どうして七夕(たなばた)と呼ぶの

 

日本では機で織った布を祖霊や神にささげたり、税として収めたりしていました。旧暦の7月はお盆や稲の開花期、麦などの収穫期にあたります。そこで、お盆に先立ち祖霊を迎えるために乙女たちが水辺の機屋にこもって穢れを祓い、機を織る行事が行われていました。水の上に棚を作って機を織ることから、これを「棚機」(たなばた)といい、機を織る乙女を「棚機つ女」(たなばたつめ)と呼びました。笹竹には、神迎えや依りついた災厄を水に流す役目がありました。やがてこの行事と乞巧奠が交じり合い、現在のような形に変化していきました。そして、7月7日の夕方を表して七夕(しちせき)と呼ばれていたものが、棚機(たなばた)にちなんで七夕(たなばた)という読み方に変わっていったのです。

 

■短冊に願い事は江戸時代

江戸時代から、笹竹に短冊をつるして願い事をするようになったのは、手習いごとをする人や、寺子屋で学ぶ子が増えたことから、星に上達を願うようになったのです短冊には「○○が欲しい」というような物質的な願いごとではなく、上達や夢を綴ったほうがよいとされています

 

■短冊以外の七夕飾りの意味

 

笹には短冊の他にもさまざまな飾りをつけますが、そのひとつひとつに意味があります!

  • 吹き流し:織姫の織り糸を表しており、五色を用いて魔除けの意味もあります。紙風船かくす玉に五色の紙テープを適当な長さに切って貼りつけます。
  • 網飾り:魚を捕る網を表しています。豊年豊作大漁の願いを込めて飾ります。
  • 折鶴(千羽鶴):長寿を願い、長寿のシンボルである鶴を折り紙で折ります。
  • 神衣(かみこ):紙の人形(着物)を飾ると、裁縫が上達し、着るものに困らなくなるといわれています。災いを人形に移すという意味もあります。
  • 財布(巾着):金運上昇を願い、折り紙で折ったり、本物の財布を下げたりします。
  • くずかご:ものを粗末にしないという意味で、七夕飾りを作る時に出た紙くずを、折り紙のかごに入れてつるします。

七夕飾りや笹は、七夕の夜のためのものなので翌日には取外します。本来は川に流して清めるものです。ただし、願い事を書いた短冊は、近所の社寺に持ち込めばお焚き上げしてもらえます。

 

 

タグ :       

季節の行事 七夕 季節の行事

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ