5月5日 こどもの日 兜 鯉のぼり 誰が買う 嫁の実家 夫側の実家

桃子のつぶやき

5月5日はこどもの日!兜と鯉のぼりは誰が買う?嫁の実家か夫側の実家か?

読了までの目安時間:約 2分

こどもの日。兜と鯉のぼりは誰が買う?

 

こどもの日の象徴である”兜”と”鯉のぼり”2つとも飾れたらいいですが、アパートや公営住宅の場合は、鯉のぼりを飾る場所がないときもありますね。そんな時は兜だけでも構いません。この2つは”買ってもらう”という前に、夫が子供の時に飾った兜や鯉のぼりを使っても問題ありません。正直、どちらも高いものですから無理に新しく買う必要はないとも思いますよ。実家にあるものでまだ使えるものでしたら使うのも1つだと思います。節約にもなります。でも孫が生まれたら大喜びするのは親達ですね。「兜を買ってあげるわ!」って言われれる可能性が大です。兜を飼うのは基本的には嫁の実家であると言われています。

 

兜を飼うのは嫁の実家であるという由来は!

 

昔は、娘の嫁ぎ先に行く時に”孫の顔が見たいから”とは言えなかったので、行く口実として”兜”という端午節句の祝いを持っていったようです。最近ではお祝い(現金)を渡して、「好きなものを買ってちょうだい」という場合もおおいですね。この場合は、買った兜を写真に撮り、手紙と一緒にお礼をしてあげてくださいね。購入する前にご両親と大きさ、金額などを決めておく。これは全然失礼なことにはなりませんので、はっきりと伝えておきましょう。

 

鯉のぼりを飼うのは地域の風習に応じて用意する!

 

鯉のぼりに関しては夫側の実家が用意する、という話もありますが、住んでいる地域の風習によってかなり異なってきます。

お嫁さん側の実家が兜と一緒に用意する場合もあるようなので、自分の両親に聞いてみるのが一番だと思います。

 

タグ :      

季節の行事 こどもの日 季節の行事

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ