おせち料理 中身 具材 意味 黒豆 数の子 田作り 紅白なます 昆布巻き 

桃子のつぶやき

「おせち料理」、中身の具材に込められた意味

読了までの目安時間:約 8分

「おせち料理」、中身の具材に込められた意味

 

おせち料理は。デパートで高級品を購入するのも良いですし、家庭で作るおせち料理も素敵ですよね。 おせち料理と言えばぎっしり色鮮やかに入った重箱が思い浮かびます。数多くの種類が入っていますが、その種類それぞれに意味があるのはご存知でしょうか?
おせち料理、中身の具材に込められた意味を知りながら食べると、ますます良い新年を迎えることができそうです。

 

 

おせち料理の意味とは~日本の伝統文化

 

おせち料理は、昔は神様に供え物をして宴を開くという「宮中行事」で用いられていた高級料理です。それがいつしか庶民の間にも浸透し、お正月に食べる「おせち料理」として定着していきました。年末は何かと忙しいものです。誰もがお正月くらいはゆっくりしたいということから、大みそかの日に重箱に料理をたくさん詰め、正月三が日は主に料理をしなくてよいように広まった料理とも言われています。様々な説がありますが、いずれにせよおせち料理は日本の伝統文化として広まり、人々はおせち料理に家内安全や子孫繁栄を願う意味を込め、丁寧に作られるようになりました。

 

おせち料理の定番!中身に込められた意味とは

 

ではおせち料理に入っている中身の意味を見ていきましょう。

まずは「祝い肴三種」と呼ばれる、どこの地域のおせち料理に入っている定番具材を紹介します。

 

黒豆…「まめ」は元来、丈夫や健康といった意味が込められています。その真っ黒で光沢のある美しい見た目からも、おせち料理には欠かせない料理と言ってよいでしょう。黒色は邪気払いの意味も込められています。「まめまめしく働く」といった願いも込められています。

 

数の子…数の子は正確に言うとニシンの卵です。漢字で書くと二親(にしん)であり、そこから多くの子が生まれるのでめでたい、子宝と子孫繁栄を祈る意味合いが込められています。

 

田作り・・・この料理はもともと、小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられました。魚でありながら田畑を豊かな土壌に導いてくれる縁起の良い一品です。そのため「五穀豊穣」を願うときの料理として、祝い肴三品のうちの一品として食されています。田作りは、かたくちいわしの小魚を使った料理が有名です。

 

定番のおせち料理、それぞれにおめでたい意味が込められている

 

では次に、数多くのおせち料理で見られる定番の中身を見てみましょう。口取りと言われる前菜の意味もこめられた料理をご紹介します。

 

かまぼこ…紅白に飾られていることが多いかまぼこですが、これは「日の出」を象徴する料理としておめでたい意味があります。赤いかまぼこは魔除けの意味があり、白は清浄の意味も込められています。

 

だて巻き…名前がユニークな一品です。江戸時代に長崎から江戸に伝わった「カステラ蒲鉾」が、伊達者(シャレ者)たちが着る着物に似ていたので「伊達巻」と呼ばれるようになりました。またくるくるとまかれた形が「巻物」に似ているため、知識が増えるようにとの願いが込められている一品です。

 

栗きんとん…この「きんとん」は漢字で書くと「金団」と書きます。つまり黄金色に輝く縁起物にたとえて、新年にふさわしい料理としておせち料理には欠かせない存在となりました。

 

昆布巻き…昆布は「よろこぶ」と語呂が似ていることから、お正月に食べると縁起の良い料理として知られています。おせち料理に入っている昆布巻きは、煮しめの結び昆布や、ニシンを包んでかんぴょうで巻いた昆布巻などの種類があります。

 

入っているとうれしいおせち料理

 

最後におせちと言えば欠かせない一品をご紹介します。

 

海老…海老の姿はお年寄りのように腰が曲がっていることから、長寿で長生きできるようにといった意味合いが込められています。

 

…「めでたい」の語呂合わせはもちろん、福の神で知られる恵比寿様が持つ魚としてお正月にふさわしい魚料理です。

 

紅白なます…さっぱりとした酢の物のなます。お祝いの水引をかたどったものであり、おめでたい意味があります。大根や人参を材料としたものが多いですが、地域によっては干柿や昆布、ゆずの千切りなど種類や味わいもさまざまです。

 

ごぼう…細く長く地に根を張るごぼうは、その地にしっかりと根を張り安泰にという意味が込められ、縁起の良い食材とされています。たたきごぼうは硬いごぼうを柔らかくいて叩き身を開く事から運が開くという意味も持っています。

 

筑前煮…将来の見通しがきくとされている蓮根、子孫繁栄の縁起物とされる里芋、土の中で根を張る根菜などを用いて末永い幸せを祈願する意味を持っています。

 

煮蛤…左右の貝がぴったりと合うのは一つしかないことから夫婦円満を象徴する縁起物とされています。

 

おせち料理の中身とは?

では最後におせち料理って一体どれくらいのお料理が入っているのでしょうか?
ご家庭によっては毎年手作りするという方もいらっしゃると思いますが、作ったことないけど今年は作りたい!なんて思っても、何種類くらい作るのか?中身は一体どんな料理が入っているのか?
幾段にも重なった重箱には『幸せを重ねる』という意味が込められています。今回は最近の各家庭で多く用いられる三段重の場合のお料理の種類と詰め方をご紹介します。

◆一の重-祝い肴・口取り
かまぼこ・栗きんとん・伊達巻・田作り・数の子・黒豆・たたきごぼう・お多福豆・昆布巻き・錦卵 など

◆二の重-焼き物・酢の物
海老をはじめとする海野幸、鯛や鰤などの焼き魚・紅白なます・菊花かぶ・数の子・酢だこ など

◆三の重-煮物
れんこん・里芋・八つ頭・にんじん・こんにゃく・ごぼう・くわい など
主にこれらの食材を使った煮物などを入れ、他には家族の好物などを入れたりもします。

一段に詰める料理の品数は、5,7,9と言った吉数が縁起が良いとされています。

◆普段何気なく食べていたお正月の食材ですが、一つ一つに意味が込められており、昔からの歴史と日本らしさが垣間見えたかと思います。意味を知った上でおせちを食べるとより一層その大切さとありがたさが身にしみますね。

 

私は、他に、鶏のから揚げ、ブリの照り焼き、イカの姿焼きなどを、する年もあります。

 

タグ :         

新年 お節料理 新年

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ