仕込んで 冷凍できる おせち料理 自家製粕漬け ブリ 銀ダラ 豚肉

桃子のつぶやき

自宅で作るおせち料理『自家製粕漬け』冷凍できる~忙しい方に!~ブリや銀ダラや豚肉も!〜その2

読了までの目安時間:約 3分

自宅で作るおせち料理『自家製粕漬け』冷凍できる~忙しい方に!

 

私は、腰が悪いので、おせち料理なども、年末からバタバタと作る事が出来ません。今年は姉の家族か帰省するので、おせち料理は、冷凍出来ないのか、調べました。冷凍出来たら一ヶ月前位から作れますね。今日は、自家製粕漬けの料理方法と冷凍方法のご紹介です。

 

 

仕込んで冷凍できるおせち☆自家製粕漬け

ブリや銀ダラや豚肉も!粕漬けにして冷凍しておけば、味がしみて勝手に美味しくなってくれます。おかずやお弁当やおせちにも!

材料 (4切れ分)

酒粕100g
味噌50g
塩麹(なければ塩半量から調節)10g
麹で作られた甘酒大さじ2
(なければみりん)大さじ3
熱湯30mlくらい
ブリや銀ダラなど4切れ
ジップ袋2袋

  1. 魚の重さの1%の塩を全体に振って1時間くらい冷蔵しておく。出た水をしっかり拭き取る。薄いガーゼで包んでおく。
  2. 小鍋に酒粕と味噌を入れ、熱湯を注ぎ混ぜながら火にかける。ほぐれてアルコールが少し抜けたら、火を止め塩麹と甘酒を混ぜる。
  3. 固過ぎたら熱湯を少量加えて、「固めのなめらか」くらいにする。(甘酒がなくみりんの場合は最初に一緒にアルコール分を飛ばす)
  4. 冷めたらジップ袋に2つに分けて入れて、全体に粕床を行き渡るようにして冷凍庫に入れる。
  5. バットに乗せて平らにして凍らせると、凍るのも解凍できるのも早く、あとで立てかけて収納できるからラク。
  6. 食べる時は流水解凍で、焼くのは魚焼きグリルで焦げすぎないよう様子を見ながら焼くか、フライパンにホイルを敷いて焼いても。
    コツ・ポイント
    今回我が家では子供が小さいのでしっかりめにアルコール分を飛ばしていますが、幼い子がいない家なら、2の手順は「ただ順番に混ぜていく」でも大丈夫です。

クックパッドより。

 

タグ :   

新年 お節料理 新年

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ