ありがとうは奇跡の言葉

桃子のつぶやき

ありがとうは奇跡の言葉を辛い時こそ私の人生の指標にしていこう!

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。今日は雨です。シトシトとうッとしいです。病院にも昼から行かなくては!最近少し辛い事があった。辛くても悲しくても、人間って強いものでテレビで明石家さんまさんを見ては大笑いしてるし、VS嵐をみては笑っている自分がいる。近所の方と出かけたり、子供や孫が来たりして嬉しそうに微笑んでいる自分がいる。辛い時こそ私の好きなありがとうは奇跡の言葉が好きになる!

 

人生は素晴らしい より

◆ありがとうは奇跡の言葉である。口に出せば、元気が出る。耳に入れば、勇気がわく。 私自身、毎日、朝から晩までありがとう、ありがとうと言い続けている。 外国に行った時も、ありがとうの言葉だけは現地の言葉で伝えることにしている。

サンキュー、メルシー、ダンケ、グラシアス、スパシーバ、謝謝(シェシェ)と。

心を込めて、きちっと相手の目を見て言っているつもりである。 

 

  

  • ありがとうを言うとき、聞くとき、人は心のよろいを脱ぎ捨てる。人と人とが深いところで通い合える。
  • ありがとうが非暴力の真髄なのである。
  • ありがとうの中には、相手への敬意がある。謙虚さがある。人生に対する大いなる肯定がある。前向きの楽観主義がある。強さがある。
  • ありがとうと素直に言える心は健康である。だから「ありがとう」を言うたびに、あなたの心は光ってくる。体にも生命力がわく。

 

◆自分が、どんなにたくさんの人やものに支えられて生きているか――ありがたいと思う、その自覚が、感激が、その喜びが、さらに幸せを呼ぶ。 幸せだから感謝する以上に感謝するから幸せになるのである。成長している時、人は他人のすごさが見えるから、有難うと素直に言える。

◆ありがとうと言えない時、人の成長は止まっている。成長が止まると、人の欠点ばかりが目につくからだ。

さぁ、今日も1日頑張ろう!会う人会う人に礼儀を正して、会う人会う人と共有する時間を大切にしよう!それが私の課題だ!

 

タグ :

日常の出来事

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ