長崎県 長崎市 お祭り 2016 長崎くんち 2016 行事日程  開催期間 問い合わせ アクセス 駐車場 料金 長崎県

桃子のつぶやき

【長崎くんち2016】~開催期間、問い合わせ、アクセス、駐車場、料金は!!【長崎県】

読了までの目安時間:約 5分

長崎くんち【長崎県】2016年

 

370年以上も続く、長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭。長崎らしい異国情緒あふれる「龍踊(じゃおどり)」、「コッコデショ」と呼ばれる演舞は見る者を圧倒する迫力と華やかさがあります。奉納踊りが見れるのは有料観覧席の「本場所」と無料で見て回れる「庭先回り」。あちこちの庭先回りに付いて回るのもなかなか楽しいものですよ!ところで、奉納踊りを披露する踊町(おどっちょう)は7年1巡で決められているので、毎年違った町の奉納踊りを楽しめることになります。

「長崎くんち」とは

370年以上の伝統を持つお祭りです。長崎くんちは、長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭。

長崎くんち

寛永11年(1634年)に、丸山町、寄合町の二人の遊女が、諏訪神社神前に謡曲「小舞」を奉納したことが長崎くんちの始まりと言われています。奉納踊には異国趣味のものが多く取り入れられ、江戸時代より豪華絢爛な祭礼として評判だったそうです。この奉納踊は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。くんちの語源は、重陽の節、菊の節句の9日(くにち)がくんちとなったと言われています。

 

長崎くんちのみどころ

異国情緒あふれる演し物!

三味線に胡弓が混ざったり、日本舞踊にコミカルな動きが取り入れられたような

「阿蘭陀万歳(おらんだまんざい)」や、中国で五穀豊穣を祈る神事にはじまったと言われるダイナミック&エキゾチックな演し物「龍踊(じゃおどり)」など、長崎ならではの異国情緒が漂います。

「庭先回り」

町内に福をおすそわけする「庭先回り」で、演し物を見物するのも楽しみのひとつ!家や店の前などで演し物が披露され、踊り場とは違う雰囲気が楽しめます。

「もってこーい!」

会場で演し物を呼び戻すアンコールの意味でかかる「もってこーい」の声。一緒に声を出して楽しんじゃいましょう!

 

 

長崎くんち基本情報

・名称: 長崎くんち

・開催時期:毎年10月7日・8日・9日
会場:[本場所 4カ所]
1、諏訪神社(長崎市上西山町)、

2、長崎市公会堂前広場(長崎市魚の町)、

3、お旅所(長崎市元船町)〜ご神体が3日間休む仮宮あり。露店がにぎやか!

4、 八坂神社(長崎市鍛冶屋町)〜長崎市民に「祇園さん」と親しまれる人気スポット

問い合わせ:095-822-0111 長崎伝統芸能振興会
公式サイトURL: http://nagasaki-kunchi.com/

・住 所 〒850-8541 長崎県長崎市

アクセス

  • 諏訪神社…路面電車「蛍茶屋」行き 諏訪神社前 下車
  • 公会堂前広場…路面電車「蛍茶屋」行き 公会堂前 下車
  • お旅所…路面電車「赤迫」行き又は「正覚寺下 行き」大波止 下車 夢彩都横
  • 八坂神社…路面電車「正覚寺下」行き 正覚寺下 下車

 

【行事日程】

 

時間 内容 場所
10月7日
(前日)
7:00~13:00~
16:00~
奉納踊開始お下り・傘鉾パレード
奉納踊開始・くんち夕べ
諏訪神社→公会堂→お旅所
奉納踊終了後、庭先回り
市役所前~県庁手前
諏訪神社→公会堂前広場
10月8日
(中日)
7:00~ 奉納踊開始 八坂神社→公会堂
奉納踊終了後、庭先回り
10月9日
(後日)
7:00~13:00~ 奉納踊開始お上り お旅所→諏訪神社
奉納踊終了後、庭先回り
お旅所仮宮~本宮へ

長崎くんちは、諏訪神社の氏子である長崎市内の各町が、さまざまな演目(奉納踊)を、奉納するんです。

 

 

タグ :         

祭り・イベント 九州 祭り・イベント

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ