冬至 いつ 由来 意味 冬至 んのつくものを だいこん、ぎんなん、にんじん、うどん 食べるのか  なぜ かぼちゃ 食べるのか 冬至 なぜ 柚子風呂 入るのか?

桃子のつぶやき

冬至はいつ?由来や意味などや、 なぜかぼちゃを食べるのか?なぜ柚子風呂に入るのか?

読了までの目安時間:約 4分

2016年の冬至は何月何日になるのでしょう?また、冬至の由来や意味などや、

冬至に、なぜかぼちゃを食べるのか?んのつくものを食べるのか?

冬至に、柚子風呂に入るのか?
また、冬至の由来は中国にあるのですが、
その日に中国では何をしていたのかなども紹介します。

 

 

2016年の冬至はいつ?

 

冬至は、二十四節気の1つで、太陽が冬至点を通過する時刻をいいます。

 

冬至とは太陽の南中高度の高さが一番低く、昼の時間が一年の中で一番短く、夜の時間が一番長い日です。

冬至は、基本的には毎年12月22日前後ですが、2015年の冬至は12月22日、
2016年の冬至は12月21日になります

 

冬至の意味や由来とは?

 

冬至の由来ですが約2500年前の中国の春秋戦国時代に、さかのぼります。

その後、

  • 漢の時代になると祝賀儀式が催され、皇帝から国民まで、冬至はいわゆる冬休みとして、体を休めて、友人や親せきと楽しく過ごす日でした。
  • 歴史書の『後漢書』には、「冬至前後の時期は、君子は身体を安静に保ち政務をおこなわない」と書かれています。そのため、代々の中国の王朝は冬至には冬休みをとり、戦争も政治もお休みになったそうです。
  • 現在の中国でも「気は冬至に始まる」といわれ、冬至には養生をして過ごす習わしがあります。
  • 日本や中国においては、冬至とは太陽のパワーが一番弱くなった日にちであり、冬至の日が過ぎたら、再び、太陽のパワーが復活するので、陰から陽に転じる境目とされていて、一陽来復(いちようらいふく)とも言われます。つまり、冬至は運気が上昇しはじめる日でもあるのです。

 

冬至ではなぜかぼちゃをなぜ食べるのか?理由は?

 

また、日本ではかぼちゃを食べたり、「ん」のつく食べものを食べたりして過ごす習慣があります。運がつくからです。だいこん、ぎんなん、にんじん、うどんなどが挙げられます。

 

  • 中国では、冬至に紅白の団子を食べる風習があります。食べもの関係では、味が濃く脂っぽいモノは避け、あっさりとした味のモノ、そして温かいものを多く摂り、脾や腎を保護すると、中国では良いとされています。
  • 冬至ではかぼちゃを食べるイメージが強いですよね。どうしてでしょうか?漢字ではかぼちゃは、南瓜と書きます。これは陰の気が溢れている北の方角から陽の気が溢れている南の方角へ進むということを意味する縁起のよいものとして見なされてきました。
  • 冬至の時期には野菜の収穫シーズンも終わり食べられる野菜がほとんどありません。かぼちゃは保存がききますし、ビタミンが豊富な野菜として昔から人々の健康を支えてきました。

 

なぜ冬至にゆず湯に入るの?その由来や意味は?

 

冬至に柚子湯に入る由来は、運を呼び込む前に体を清めるといった意味があったからです。

 

  • 昔は今と違って毎日のようにお風呂に入らなかったので、お湯に浸かる事自体がお浄めの意味があったようですが、そこにさらに香りの強い柚子を入れる事によって、邪気を払うといった意味もあったようです。
  • また、融通が効く湯治=柚子が効く冬至といった語呂遊びの要素もあったと言われています。

 

タグ :       

豆知識 冬至 豆知識

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ