あさイチ バレイタインディー チョコレート  神経細胞を活性化する働き カカオプロテイン 腸内環境をよくする働き カカオポリフェノール 抗酸化作用 血管がしなやかになった 多く含む食品 りんご1個 カカオ72%のチョコ 効果 底力 便秘改善効果 認知症予防 高血圧予防

桃子のつぶやき

【知られざるチョコレートの底力】~便秘改善効果や認知症予防、高血圧予防~

読了までの目安時間:約 4分

知られざるチョコレートの底力「あさイチ」より。

 

バレンタインデーを控え、店頭にチョコレートがあふれる時期。

「あさイチ」では5年前に1度チョコレートについて特集しましたが、その後の研究で、カカオ70%以上のハイカカオチョコレートに新たな健康パワーがあることがわかってきました。そこで、カカオプロテインやカカオポリフェノールが秘める、について紹介しました。

 

 

 

便秘改善効果

実験で、便秘に悩む30~50代の女性8人にハイカカオチョコレートを毎日25グラム、2週間食べ続けてもらったところ、平均週1~2日だったお通じが週5日に改善しました。帝京大学理工学部准教授の古賀仁一郎さんによると、カカオ豆に含まれる難消化性のタンパク質「カカオプロテイン」が食物繊維と同じような働きをするとともに、腸内細菌のえさとなって腸内環境をよくする働きがあるためではないかとのことです。

b5e5c7edfd92740ff30004abe0bed22e_s

ポリフェノールを多く含む食品

カカオ豆には「カカオポリフェノール」と呼ばれるポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールを多く含む食品をランキング化する「P-1グランプリ」を行いました。

・カカオ72%のチョコ(25グラム)・・・635ミリグラム
・りんご1個 (300グラム)・・・370ミリグラム
・春菊1袋(160グラム)・・・340ミリグラム
・赤ワイン1杯(125ミリリットル)・・・300ミリグラム
・コーヒー1杯(140ミリリットル)・・・280ミリグラム
・ごぼう1本(200グラム)・・・188ミリグラム
・豆腐1丁(300グラム)・・・140ミリグラム
・緑茶1杯(90ミリリットル)・・・70ミリグラム

※各食品協会や研究機関による分析結果です。季節差や個体差もありますので、あくまでおおよその参考値とお考えください。

 

カカオ100%のチョコレートとは

カカオ豆の皮をむき、実だけを細かくすりつぶしていくと、ドロドロした状態の「カカオマス」になります。これを固め直すと、カカオがほぼ100%のチョコレートになりますが、砂糖もミルクも入っていないため、とても苦い味になります。

 

認知症予防

愛知学院大学教授の大澤俊彦さんと菓子メーカーによって、チョコレートの健康効果に関する大規模な調査が行われました。愛知県内に住む健康な男女およそ347人を対象に、カカオ72%のチョコレートを毎日25グラム、4週間食べてもらったところ、血清中の「BDNF」濃度が平均2割アップしました。BDNFは脳の中に多く見られるタンパク質で、神経細胞を活性化する働きがあります。アルツハイマー型認知症の患者では、BDNFの量が少なくなっていることが報告されており、BDNFを増やすことが認知症の予防につながるのではないかと研究が始まっています。

 

高血圧予防

大澤教授による調査では、血圧を下げる効果も確認されました。カカオ72%のチョコレートを毎日25グラム、4週間食べてもらったところ、血圧が高めだった82人の最大血圧、最低血圧の平均値がどちらもおよそ「5」下がりました。カカオポリフェノールの抗酸化作用によって、血管がしなやかになったためと考えられます。

 

 

 

タグ :                      

バレンタインデー 食品の効果

この記事に関連する記事一覧

IP分散レンサバ