生活 豆知識

桃子のつぶやき

【全国の有名な七夕祭り】ねぶた祭り(青森市)、七夕祭り(仙台市)、七夕人形(松本市)など!!

読了までの目安時間:約 2分

■全国の有名な七夕祭り

 

「月遅れの七夕」として、8月7日前後に七夕を行う地域が全国にあります。旧暦では7・8・9月が秋にあたるため、7月といえば初秋の行事。そのころの季節感でお祭りができるよう、ひと月遅れの8月に七夕を行うところが多いのです。

 

ねぶた祭り(青森県青森市)

七夕の夜にケガレを人形に移して川や海に流したのが始まりで、京都の文化が日本海を渡って伝来したという説もあります。「ねぶた」は「眠気をはらう」からきているそうです。

 

 

f56f18f5e8726609e6b4fe52062a6470_s

 

仙台 七夕祭り(宮城県仙台市)

商店街が主催する大規模な七夕祭り。豪華絢爛な七夕飾りが有名で、全国から観光客が訪れます。

 

七夕人形(長野県松本市)

家々の軒先に七夕人形をつるし、子どもの着物を着せて厄祓いをするという全国でも珍しい七夕習俗です。

 

精大明神例祭(京都府京都市)

蹴鞠(けまり)の神様に蹴鞠を奉納後、地元の少女たちが、元禄時代の姿で七夕小町踊りを披露します。精大明神例祭の行われる白峯神宮は、蹴鞠の神様『精大明神』を祀る事からサッカーの神様として有名です。

 

■七夕そうめん

 

七夕の行事食はそうめん。意外に知られていませんが、千年も前から七夕の行事食となっていました。節供に旬のものを食べ、邪気を祓ったり無病息災を願ったりする風習がたくさんありますが、夏においしいそうめんもそのひとつ。暑さで食欲が減退するこの時期にぴったりで、天の川や織姫の織り糸に見立てることもできます。

 

タグ :         

季節の行事 七夕 季節の行事

七夕(7月7日)の由来(織姫・彦星の星物語)!!七夕(たなばた)と呼ぶ意味は!!

読了までの目安時間:約 5分

七夕 (たなばた):7月7日

 

別名「笹の節供」「星祭り」といわれる七夕は、江戸時代に五節供の一つに定められ、今でも広く親しまれています。七夕といえば、どことなくロマンチックに感じますが、その由来を紐解いてみると、色々な文化が結びついていることがわかります。

 


 

タグ :       

季節の行事 七夕 季節の行事

IP分散レンサバ