生活 豆知識

桃子のつぶやき

『簡単ストレッチ』オフィスの椅子でできる簡単ストレッチ~夏のなまった体に!!

読了までの目安時間:約 2分

椅子でできる簡単ストレッチ

 

今年の夏は、「猛暑日」「高温注意情報」「熱中症危険情報」などを聞いていると、まだ屋外での運動は難しいでしょう。オフィスの席でできる椅子を使ったストレッチを部位ごとに紹介します。休憩時間に取り入れて、夏のなまった体をほぐしましょう!

 

肩・胸・背中に効くストレッチ

◆肩くるくるストレッチ

ひじ先で大きな円を描くように肩を回し、肩甲骨の周りをほぐしていきましょう。最初は小さな円を描きながら、だんだん輪を広げて大きな円を描けるように意識して。内回し、外回しを交互に10回繰り返します。

◆腕伸ばしストレッチ

パソコンやスマートフォンの多用で、腕の筋肉が緊張気味…。そんな状態を解くには、腕を「下に縮める」「上に反らす」の動きで満遍なくほぐしましょう。

◆二の腕引き寄せストレッチ

二の腕の裏から肩甲骨まわり、わきの下までを一気にほぐしましょう。ひじを背中側で曲げ、もう一方の手を使ってひじを体の中心部に向けて引きます。背すじを真っすぐ保ったままで伸ばすのがコツ。

◆肩甲骨開きストレッチ

両手を組んで前方に目いっぱい伸ばし、首を前傾させながら肩甲骨や首の周りを伸ばしましょう。背中は後ろに動かし、肩甲骨を大きく開くように行うとgood。

 

◆上半身ねじりストレッチ

イスに座ってひざを交差させ、上体を外側にねじって(外転)、腰から背中、さらに肩先を伸ばしましょう。脚を交差させたときに上にくる脚の外ひざを、手で押さえることで上体をさらに深くねじり、腰の周りを強く伸ばします。

 

タグ :         

ストレッチ・マッサージ

ストレッチ~腕の可動域を最大限に広げるストレッチ!二の腕ストレッチ!!

読了までの目安時間:約 3分

腕の可動域を最大限に広げるストレッチ

 

◆このストレッチは、関節の可動域を広げるためには絶対にはずせません。一見簡単そうに見える動作ですが、実践すると肩の硬さに驚くかもしれません。

 

◆「股関節が硬い」ことは多くの人が意識し、改善させるためのストレッチなどを実践していると思いますが、こと肩や腕に関しては見過ごしがちです。しかし、この硬さが腕の疲れや肩の疲れを引き起こし、関節の可動域を狭めて「ぽちゃ腕」になるのです

この動作はストレッチ効果だけでなく、胸の大胸筋や背中の僧帽筋など代謝を上げてくれる大きな筋肉を刺激するので痩せ効果も期待大です。

 

1. 膝の真上に足の付け根が来るように体幹(胴体部分)を意識し、膝立ちになります。タオルの端を持ち、息を吸いながら腕を頭の上に伸ばします。

2. そのままゆっくりとタオルを背中側に下ろします。

3. そのままお尻あたりまで腕を下ろします。

4. 息を吸いながら、タオルを肩の高さまで引き上げます。

5. そのままタオルを頭の上まで引き上げます。

6. そのままタオルを胸の前までおろします。

7. そのまま太腿の前までおろします。1連の動作を3回ほどゆっくりと動作しましょう。

 

 

二の腕引締めストレッチ

 

二の腕を引き締め、華奢な腕のラインを作るストレッチです。このストレッチは、日常動作ではなかなか使われない「後ろに押し出す力」でダイレクトに二の腕を引き締めていきます。さらに腕を後ろに押し動作は、大胸筋のストレッチもプラスされるので猫背解消に一役買ってくれそうです。胸を閉じる姿勢は、呼吸が浅くなり、体は酸素不足から血行不良になり、美人とは言いがたい、おブスな症状が出やすくなります。例えば、肌荒れ、冷え性、肩こり、腰痛、太りやすいなど。これらを解消してくれるストレッチをぜひとも習慣にしてみて下さい。

1. 膝の真上に足の付け根が来るように体幹(胴体部分)を意識し、膝立ちになります。お尻のあたりでタオルを持ち、持つ手の幅は肩幅にしましょう。
2. そのままゆっくりとタオルを腰の高さまで引き上げます。この時、肩が上がってしまわないように注意しましょう。そのまま8回を目安にゆっくりと動作しましょう。

 

◆タオル1つで簡単に出来てしまうので、見逃しがちな「二の腕磨き」、気軽にトライしてみて下さいね。

 

タグ :    

ストレッチ・マッサージ ストレッチ・マッサージ 二の腕

ストレッチ~【二の腕のストレッチ】今日から始めましょう!

読了までの目安時間:約 2分

二の腕ストレッチは、今日から始めよう!

私は、普段から二の腕を意識していませんが、この前お風呂に入る前に、二の腕をみたらビックリしました。意識的に鍛えている女子は少ないと思うので、眠っていた筋肉を刺激するように動かせば、今から始めても十分に引き締めることは可能です。二の腕は、実はとても脂肪が付きやすい部位なのです。その原因は?

 


 

タグ :    

ストレッチ・マッサージ ストレッチ・マッサージ 二の腕

IP分散レンサバ